偽ることなく会社の情報を記載したとしても、金融業者側が入れた在籍確認の電話を会社側が取ることができずに在籍確認に失敗してしまうことがあります。

特に中小企業の場合には、金融業者の営業時間内にいくら電話をかけても会社に繋がらず、在籍確認が行えないというケースは意外にも多く見受けられています。

こういった場合には、キャッシングの申請に応じるかどうかは金融業者側の判断に委ねられますが、確認が取れないというだけで否決される可能性が高まるということは覚悟しておかなければなりません。

ただし、金融業者としてもキャッシングを組んでもらうお客さんがいなければ成り立ちませんから、様々な方法で在籍確認を完遂させるための行動に移ります。

よく見られるケースとしては、金融業者から申し込みを行った本人に電話をかけ、「なんとか電話が繋がるようにできませんか?」と在籍確認の電話が繋がりやすい時間帯について尋ねるというものです。

それでもどうしても電話が繋がらない場合には、社員証や給料明細を提示することで在籍確認の代わりとしてもらえる場合もあります。

在籍確認は、審査を受ける側にとっても面倒くさい作業ではありますが、この点をクリアできれば成約する可能性は非常に高くなりますから、時間をかけてでも在籍を証明できるように努力しましょう。